2008年02月11日

ナスカの地上絵 その3

【宇宙飛行士(-14.7451763352, -75.0799431941)】
 宇宙飛行士
 ペルーの解像度が上がっていたので、以前見る事が出来なかった宇宙飛行士の地上絵を探してみました。
 はっきりとはいきませんが、見えるようになっていました。
posted by ルイーゼ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

イギリスの丘絵(ヒルフィギュア) その6

【オーストラリア大陸(51.0621647079, -1.9393187208)】
 丘絵・オーストラリア大陸
 イギリス・ウィルトシャー州には、オーストラリア大陸(Compton Chamberlayne Australia Map
)も描いてありました。
 1916年、オーストラリア軍が描いたそうです。

【プロペラ(51.0980688245, 1.20540559974)】
 丘絵・プロペラ
 イギリス・ケント州にプロペラ(Battle Of Britain Memorial)があります。
 これは、レンガを敷き詰めて作られていて、1940年のドイツ軍の攻撃に対する英国空軍の戦いと戦没者の記念碑となっています。

【ワイ王冠(51.1814248059, 0.961563321569)】
 丘絵・ワイ王冠
 イギリス・ケント州にあるワイ王冠(Wye Crown)。
 正式な名称は、エドワード7世即位記念王冠だそうです。 
posted by ルイーゼ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

イギリスの丘絵(ヒルフィギュア) その5

 1916年に "London Rifle Brigade" が自分の部隊のマークを丘絵(ヒルフィギュア)として彫ったのが始まりだそうです。その後、この丘に色々な紋章が彫られたそうです。
 かなり拡大しないと全部を一括でキャプチャーできない為、4つに分けてキャプチャーしてみました。

【紋章(51.0548599429, -1.97577211445)】
 丘絵・紋章

【紋章(51.0543573339, -1.97892872718)】
 丘絵・紋章

【紋章(51.053727045, -1.98077896988)】
 丘絵・紋章

【紋章(51.0523744112, -1.98151360583)】
 丘絵・紋章
posted by ルイーゼ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

イギリスの丘絵(ヒルフィギュア) その4

【ライオン(51.8491260416, -0.555120346271)】
 丘絵・ライオン
 ベッドフォードシャー州にあるライオンの丘絵(Whipsnade Lion)。1933年に作られたものです。
 
【キーウィ(51.1949630072, -1.71579176333)】
 丘絵・キーウィ
 ウィルトシャー州にあるキーウィ(Bulford Kiwi)。
 ニュージーランド軍が作ったもので、ニュージーランドの略と思われる“NZ”も書かれています。
 70年代80年代、キウイの絵の保存は成されませんでしたが、1986年に修復されました。
 ちなみにキーウィはニュージーランドにしか生息しておらず、ニュージランドの国鳥です。

【ホワイトホーク(50.8215702744, -0.09355006811)】
 丘絵・ホワイトホーク
 イーストサセックス州にあるホワイトホーク(Whitehawk Hawk)は、2001年に作られたものです。

【サーンアバスの巨人(50.8137618774, -2.47525956356)】
 丘絵・サーンアバスの巨人
 ドーセット州にあるサーンアバスの巨人(Cerne Abbas giant)。
 巨大な裸の男性のヒルフィギュアで、高さ55メートル、幅51メートルあります。幅30センチの溝を掘り、石灰層を露出させることで描かれています。

【ウィルミントンのロングマン(50.810422665, 0.18861675647)】  丘絵・ウィルミントンのロングマン
 イーストサセックス州にあるウィルミントンのロングマン(Long Man of Wilmington)。
 高さは69メートルあります。
 一番新しい発掘調査の結果、16世紀中頃に作られた可能性が高いことが分かったそうです。
posted by ルイーゼ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

イギリスの丘絵(ヒルフィギュア) その3

【ウェストベリーの白馬(51.2638221691, -2.14744367604)】
 丘絵・ウェストベリーの白馬
 ウィルトシャー州ウェストベリーにある白馬ウェストベリーの白馬(Westbury White Horse)。
 この白馬のことが書かれている一番古い文書は1742年のものだそうです。
 アルフレッド大王の、戦勝記念に彫られたという説があるそうですが、正確な記録が残っていない為、確証はないようですが、ウィルトシャー州で一番古いものであるのは間違いないそうです。

【アフィントンの白馬(51.5782196491, -1.56678140367)】
 丘絵・アフィントンの白馬
 ウィルトシャー州にあるアフィントンの白馬(Uffington White Horse)は、他のホワイトホースと違い、様式化された線で描かれています。
 他のホワイトホースの殆んどが18世紀以降に作られていますが、アフィントンの白馬はOSL年代測定結果から、約3000年前の青銅器時代のものと判明しているそうです。
 4頭ある右向きのホワイトホースのうちの1頭です。

【フォークストーンの白馬(51.1007235014, 1.1388476515)】
 丘絵・フォークストーンの白馬
 フォークストーンの白馬(Folkestone White Horse)ケント州にあります。
 ミレニアムを祝う為、2002年秋から作られ始め、2003年6月に完成しました。長さ約30m、高さ約30mで、現在イギリス全土で一番新しい丘絵です。
 4頭ある右向きのホワイトホースのうちの1頭です。

【キルバーンの白馬(54.2244447891, -1.21352543674)】
 丘絵・キルバーンの白馬
 キルバーンの白馬(Kilburn White Horse)はノースヨークシャー州にあり、イギリスのホワイトホースの中で最も大きくて最も北にあるホワイトホースで、857年11月に地元のボランティアと学生によって作られました。
 第二次世界大戦中は、的の攻撃目標になる可能性がある為、覆い隠されていたそうです。

【ヒーレイの白馬(53.3620788625, -1.46997078382)】
 丘絵・ヒーレイの白馬
 ヒーレイの白馬(Heeley White Horse)はサウスヨークシャー州にあります。
 1995年に放火によって近隣の農場で死んでしまった馬を追悼する為、2000年4月にヒーレイ・ミレニアム公園内に創られたものです。
 デザインはマンディー・バートン氏。毎年5月にホワイトホースを塗り直すお祭りがある為、毎年馬の色や模様が変わります。

【オスミントンの白馬(50.6574057652, -2.40496392727)】
 丘絵・オスミントンの白馬
 ドーセット州にあるオスミントンの白馬(Osmington Hill White Horse)は、1808年より前に作られました。
 唯一人が乗っているホワイトホースで、右向きのホワイトホースの4頭のうちの1頭です。
 1789年にジョージ3世が ウェイマウス(Weymouth)を訪れたのを記念してつくったというのが有力な説だそうです。
posted by ルイーゼ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

イギリスの丘絵(ヒルフィギュア) その2

 昨日紹介したハックペンの白馬。この付近を見ていたら、他にも白馬を発見しました。
 一体何故白馬ばかりがあるのかと調べたところ、これらはHill figure(ヒル・フィギュア)と呼ばれるイギリスの地上絵でした。
 日本では丘絵、フィルフィガー、ホワイトホースなどと呼ばれているもので、地面の表面の草や土を取り除き、石灰層を露出させて絵を描いているそうです。
 他に、タイルを埋め込むタイプもあるそうです。

【デヴィゼスの白馬(51.376014059, -1.97868507851)】
 丘絵・デヴィゼスの白馬
 イギリス・ウィルトシャー州にあるデヴィゼスの白馬(Devizes Millennium White Horse)。
 ミレニアムを祝う為、およそ200人の地元の人々によって1999年に作られた、ウィルトシャー州で一番新しい白馬です。デザインはピーター・グリード氏。
 この白馬は右を向いていますが、イギリス全土の丘絵の白馬で右を向いているものは僅か4点だけだそうです。これはそのうちの1つ。

【ブロードタウンの白馬(51.5035285716, -1.85931579095)】
 丘絵・ブロードタウンの白馬
 イギリス・ウィルトシャー州にあるブロードタウンの白馬(Broad Town white horse)。
 1864年、ウィリアム・シモンズによって作られました。長さは18メートル。

【チェリルの白馬(51.4253931695, -1.93000773402)】
 丘絵・チェリルの白馬
 イギリス・ウィルトシャー州にあるチェリルの白馬(Cherhill White Horse)。
 1780年に作られたもので、ウィルトシャー州の丘絵の中で、2番目に古いものです。幅は43メートルもあります。

【アルトンバーンズの白馬(51.3723126022, -1.8485602983)】
 丘絵・アルトンバーンズの白馬
 イギリス・ウィルトシャー州にあるアルトバーンズの白馬(Alton Barnes White Horse )。
 アルトンバーンズ村にあるこの白馬は、1812年にロバート・フィル氏によって作られました。
 鼻先から尻尾までは49メートルもあります。

【ピュージーの白馬(51.3213793694, -1.75651281057)】
 丘絵・ピュージーの白馬
 イギリス・ウィルトシャー州にあるピュージーの白馬(New Pewsey White Horse)です。
 ジョージ6世の戴冠式を祝う為、ジョージ・マープルス氏らにより、1937年に作られました。
 白馬とありますが、背中に羽があるのでペガサスですねw
posted by ルイーゼ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

イギリスの丘絵(ヒルフィギュア) その1

【ハックペンの白馬(51.4726327383, -1.81765612216)】
 丘絵・ハックペンの白馬
 イギリス・ウィルトシャー州ブロードヒルトン村のハックペンの丘に、Hackpen Horseと呼ばれる白馬が居ました1838年に創られたこの白馬の大きさは、約27mもあります。
 この辺りの土地は石灰層なので、地表を削って石灰層を剥き出しにし、この白馬が描かれているそうです。
 
posted by ルイーゼ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

チリの地上絵 その4

 チリの地上絵は、ピンタードス以外にもあります。

【チリの地上絵(-19.2029039956, -70.0092975764)】
 チリの地上絵
 これはRoute5沿いの山の中にあります。

【チリ・アリカの地上絵(-18.5267366626, -70.2286471611)】
 アリカの地上絵
 アリカの市街地にあります。周りに普通の家などが立ち並んでいて驚きました。

【チリ・アリカの地上絵(-18.4260662137,-70.243619805)】
 アリカの地上絵
 アリカの町の北東にあります。ちょっとバランスが悪いですが、4本足の動物などが描かれています。
 この画像の周辺にもいくつかあります。
posted by ルイーゼ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

チリの地上絵 その3

 Google Erathから見えるピンタードスの地上絵はまだまだあります。

【チリ・ピンタードスの地上絵(-20.62847441, -69.6677209187)】
 ピンタードスの地上絵

【チリ・ピンタードスの地上絵(-20.6265508981, -69.6652949126)】
 ピンタードスの地上絵

【チリ・ピンタードスの地上絵(-20.6255017965, -69.6644767933)】
 ピンタードスの地上絵

【チリ・ピンタードスの地上絵(-20.6191635656, -69.6757669725)】
 ピンタードスの地上絵

 この地域では、幾何学模様や人、リャマのような動物が見られます。
 ここでキャプチャーして紹介した以外にも、沢山の地上絵があるチリのピンタードスの地上絵。一度肉眼で見てみたいです。
posted by ルイーゼ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

チリの地上絵 その2

 チリには、まだまだ沢山の地上絵があります。
 まずはピンタードスの地上絵。こには数百個の地上絵があります。

【チリ・ピンタードスの地上絵(-20.6233644066, -69.6690881628)】
 ピンタードスの地上絵

【チリ・ピンタードスの地上絵(-20.6220214809, -69.6674504475)】
 ピンタードスの地上絵

【チリ・ピンタードスの地上絵-20.6238375398, -69.6683713044)】
 ピンタードスの地上絵

【チリ・ピンタードスの地上絵(-20.6255616126, -69.6704256342)】
 ピンタードスの地上絵
posted by ルイーゼ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

チリの地上絵

 チリの地上絵を見てみました。
 チリの地上絵は、イキケの南96kmにある塩湖の山肌あります。400以上もの地上絵があるそうですが、Google Earthで見ることができるものは少ないようです。

【アタカマの巨人-19.9488250513, -69.6343138071)】
 アタカマの巨人
 一番有名なアタカマの巨人です。巨人の絵は、山肌を少し彫ってあるそうです。

【幾何学模様(-19.9508938949, -69.6337614801)】
 チリの地上絵
 アタカマの巨人のすぐ南の山肌にあります。

【菱形-19.9492576587,-69.6328557154)】
 チリの地上絵
 アタカマの巨人の東側にあります。丸い点が菱形に並んでいます。

【円-19.9476706689, -69.6303384846)】
 チリの地上絵
 菱形の更に東にあります。同じような円が、複数みられます。
posted by ルイーゼ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

ナスカの地上絵 その2

 今日もナスカの地上絵を見に行きました。
 昨日載せなかったものをキャプチャーしてみました。

【サギ(Heron、-14.681107833, -75.1011279186)】
 ナスカの地上絵・サギ
 MIRADOR展望台から北東方向にあります。フラミンゴともペリカンとも言われていますが、グニャグニャ曲がりくねったくちばしは良く見えません。

【クモ(Spider、-14.6945718253, -75.1228932781)】
 ナスカの地上絵・クモ
 MIRADOR展望台の真西、花よりも更に西に行ったあたりですが、うっすら足の部分が見えるくらいです。

【サル(Monky、-14.7075644956, -75.1389842276)】
 ナスカの地上絵・サル
 MIRADOR展望台からやや南西方向のフマナ平原の端の方にあります。しっぽが辛うじて見えます。
 サルの真東にある犬(Dog、75.1309W 14.7068S)は、全く判別できません。

 地上絵と言えば空から見るツアーがありますが、そのツアーと思しきセスナを2機見つけました。一度はセスナから見てみたいものです。
【セスナ(-14.6897038023, -75.116304656)】
 セスナ

【セスナ(-14.7028753027, -75.1347395113)】
 セスナ
 2機の影の向きが違うので、撮影時間が違うのが分かります。
posted by ルイーゼ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

ナスカの地上絵

 Google Earthを立ち上げると、かなり頻繁に見るものの中に、ナスカの地上絵があります。
 空から見る→ひらめき 地上絵
 この安易な発想で見ようと思ったのですが、一番初めは見つけるまでにかなり時間が掛りました。

【MIRADOR展望台(-14.6941735252, -75.1141968992
) 木(Tree、-14.6945211276, -75.1150304281)トカゲ(Reptile、-14.6938933269, -75.1151552555) 手(Hands、-14.6949793212, -75.1143067904)】
 ナスカの地上絵・MIRADOR展望台、トカゲ、木、手
 まずはMIRADOR展望台と木、トカゲ、手です。トカゲは、パンアメリカン・ハイウェイを挟んで薄っすらと見えるので、形を知らないと分かり難いかもしれません。

【花(Flower、-14.6945961526, -75.1188990508)】
 ナスカの地上絵・花
 これも薄いです。花の2本の茎部分しかはっきり分かりません。

【渦巻き(Spiral、-14.6888961951, -75.1234587002)】
 ナスカの地上絵・渦巻き
 こちらははっきり渦巻きが見えます。場所はMIRADOR展望台からパンアメリカン・ハイウェイを北上し、道が左に曲がった辺りにあります。

【コンドル(Condor、-14.6981170009, -75.1268537386)】
 ナスカの地上絵・コンドル
 有名なコンドル。やや薄めですが、形をご存知の方も多いと思うので、じっくり見ると分かります。

【オウム(Parrot、-14.681107833, -75.1011279186)】
 ナスカの地上絵・オウム
 こちらも線がはっきりしていますが、いつ見てもオウム?と思ってしまう形w

【星(Star、-14.6907703224, -75.1453693852)】
 ナスカの地上絵・星
 う〜ん。形も星っぽくないし、グーグルアースで見ると薄い・・・。形を知らないと分かり難いですね。

【ハチドリ(Huumingbird、-14.6926877451, -75.1494415666)】
 ナスカの地上絵・ハチドリ
 〆はハチドリ。これぞ地上絵って感じですね。
posted by ルイーゼ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地上絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。